愛情たらこのみなと

  • 湊水産株式会社ロゴ
  • オンラインショップ
  • お問い合わせ

HOME > 動画「愛情たらこのみなと 〜夢と希望が詰まった“みんなの工場”へ〜」

動画「愛情たらこのみなと 〜夢と希望が詰まった“みんなの工場”へ〜」

あの日、何が起こって、その日から、何が始まったのか…。

この動画は、昨年(2014年)完成した新社屋の落成式にあたり、
湊水産株式会社の従業員のために作成した「あの日からの3年間の歩み」です。

ここまで来るには本当に大変だった。
頑張った自分達を誇りに思い、
苦しいときに助けてくれた多くの人々に感謝し、
お客様のあったかい励ましに涙し、
いろんなことを、今、ようやく語ろうよと、
次への一歩を踏み出す、自分たちの応援のために作ったものです。

動画には未来への希望や夢も表現されています。
動画の最後には、震災後3年間で授かった社員の赤ちゃんも登場します。
私達の歩みをご覧いただければ幸いです。

……………………………………………………………………………………………

3月11日午後2時46分、立っていられない程の大きな大きな揺れが。。。

湊水産は海から1.6kmも離れた、どちらかというと山を背にした住宅地。
津波警報を聞きながらも「ここまでは来ないだろう」と、だれもが思っていた。
だから続けておこる大きな余震を避けて社員全員、外で待機していたのだ。

そうするうちに「女川が6mの津波!」の情報が流れ、
その瞬間、会社前の道路のマンホールから水が噴き出してきた!

それを見た社長が、でっかい声で、
「上がれ、あがれー!津波来るぞー!、冷蔵庫の二階に早く駆け上がれーっ!!」

一斉に、そこにいた従業員、近所の人達、他から逃げてきた見ず知らずの方達、
みんなで地上から3階程度の高さの冷蔵庫の階段をかけあがった。
そして後ろを見た瞬間、津波が方向をかえてあちらこちらから襲ってきたのです…。

・・・・・・・・・・・。

危機一髪で助かった人、一瞬で流されたひと、これは夢だ、何かの間違い!?

すぐには目の前の出来事を受け入れらませんでした。
寒い夜だった。。3月にはめったに降らない雪が降ってきた。。近くでは火事が発生した…。

翌日、いつもの同じように太陽がのぼり朝が来た…。
でも、やはり夢ではなかった…。

その日から、湊水産の冷蔵庫2階が急遽、地域の避難所に。。。
いろんなことが起きて、サバイバル経験もした。でも、みんなで乗り切った。

そして2か月後の5月6日。
新しい原料で漬け込みを開始。湊水産の新たな再出発、そして挑戦が始まった。

全国の百貨店の催事を回った。
「このたらこ、おしいしいね〜。」の言葉が一番の励みになった。

震災後の3年間で社員に赤ちゃんが6人(27年の現時点では9人)が誕生した。
この子たちが成人になるまでは、親が職を失うようなことがあってはならない。
湊水産は、何としても立ち上がらねばならないと強く思った。。

ただ、月日が流れるほど「がんばれ!」だけでは頑張りきれない現実にも直面していた。
そんな中、2012年12月16日、新社屋建設の決断。

当時1200坪の敷地内に建てられていた工場を解体しての建設なら、
同規模の工場の再建が可能だが、被災地の建設工事の遅れは深刻なものがあり、
完成までは最低でも1年はかかる。
その間、製造がストップしては従業員の給与は払えない…。
かといって、甚大な被災をした石巻では、他に借りれる工場などあるわけもない…。
仮に見つかったとしても、その工場から毎日自社の冷凍庫へ運ぶ保冷車もない…。

そこで、敷地内に隣接していた社長宅を取り壊し工場建設を決断。
それから1年半近くの月日を経て、ようやく待望の工場・店舗・事務所を備えた新社屋が完成したのです。

これは「みんなの工場」。

設計から、使い方、ユニフォームまで社員全員で決めた。
「製造部にスポットライトをあてたい。」という社長の一言で、
ユニフォームはパテシエ風に。
カッパではなく赤レザーのエプロン。そして長靴ではないピンクの工場靴。

「決意」と「願い」をこめた、衛生的な新しい工場で、
さらに美味しく、さらに安全・安心な商品を
今日も作り続けている「みなと」です。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年3月からのあゆみ